読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄養士の卵がめざすイートグッドな未来

「EAT GOOD, LIVE HAPPY」がモットー。食べることは、生きること、そして活かすこと。世に溢れる「食」の中から何を選び、買い、食べ、伝え、育て、残していくか。そんなことを見つめつつ、食にまつわる情報を発信していきます

朝のゆとりを楽しむココロ - ポートランド[3]

 

日本にいるときの、わたしの「朝」

 

 

大抵の場合、いつも余裕がない。

 

 

 

 

たまに、イイコトを思いついたかのように

 

「朝時間を大事にしようキャンペーン」を始めてみるものの、

 

2、3日経つと

 

ギリギリまで眠っていたいという気持ちに負けて

 

結局すぐ元の生活に戻ってしまう

 

 

 

ぬん。

 

 

 

 

 

そんな私も、ポートランドではひと味違う

 

たぶん、旅に出ている時のマインドが

 

「旅先での時間を限界まで楽しみ尽くしたい」

 

という欲でいっぱいなので

 

割と早起き。しかも勢いよく起きる。寝覚めもいい。

 

 

 

不思議。

 

 

 

 

だから、旅に出ると

 

”早起きは三文の得” をしみじみと感じる体験をできることが多く、

 

「1日の始まりである”朝”のゆとりを楽しむココロって大事だなあ〜」

 

「EAT GOODってそういう心持ちにもあるよな〜」

 

なーんて、偉そうに浸ったりしているわけである

 

 

 

 

で、前置きが長くなってしまったが

 

結局この記事でなにが言いたいかというと、

 

ポートランドの朝を過ごすのにうってつけの場所がある”

 

ということ。

 

 

・・・

 

 

とにかく、

 

わたしのお気に入りの場所があるので

 

そこについてお話したい。

 

 

 

 

その店の名は

 

「Sweedeedee」

 

f:id:tomo_tokyo:20160727013624j:plain

 

 

ポートランドではだいぶ有名なお店なので

 

ご存知の方も多いかもしれない

 

 

 

この店は、ポートランドでは北エリアに位置しているのだが

 

もう、外観から可愛い。

 

 

店内で流れてる音楽は、何とも言えないゆるさで

 

使われてる器がオシャレ

 

店のお兄さん・お姉さんは飾らない姿が美しく、カッコいい

(それはポートランドの人の多くに共通する)

 

f:id:tomo_tokyo:20160727020015j:plain

f:id:tomo_tokyo:20160727020047j:plain

f:id:tomo_tokyo:20160727020241j:plain

 

 

そして・・・

何と言っても、

 

ここのサンドウィッチが、悶絶するほど美味しい!!

 

 

f:id:tomo_tokyo:20160727015825j:plain

 

 

なんだろう、

なんであんなに美味しいんだろう

 

 

特にここはパンにこだわっているんだが、

 

焼きたての香ばしさが鼻をくすぐり

 

カリッとした食感から入ったと思ったら

 

ふわっとじゅわっとする口内感覚で満たされる

 

 

 

 

 

至福だあ

 

 

 

 

 

 

 

割と長い時間待つ事もあるんだけど

 

その「待つ」ことも「ゆとり」のひとつとして捉えると

 

この店で過ごす全てが幸せに感じる

 

 

むしろ、

 

「待った時間があるからこそ余計美味しい」というあのトリックか

 

 

 

ちなみに

 

まんまと彼らの戦略にはまったわたしは

 

短い滞在期間の中で3回もこの店に通ってしまった

 

 

 

いつもだったら、限りある時間なんだから

 

いろんなお店を渡り鳥のように渡り歩きたいと思う、このわたしが。

 

 

 

それほどまでに、好きになってしまった場所。

 

 

ココロからじゅわーっと満たされる食体験ができる場所って

 

なかなかないと思うから、

 

そういう場所に出会えるのって幸せだと思うし

 

EAT GOOD, LIVE HAPPYにも近いものを感じる今日このごろ。

 

 

ポートランドで朝時間を楽しみたいときは、ぜひおすすめ

 

f:id:tomo_tokyo:20160727020507j:plain

※ Missisippi Recordsというのはお隣のイケイケなレコード屋さん